山城ごはん story

京都の台所を支える食の楽園、山城。そんな山城で「食」を育てる人たちをご紹介します。

農家市川

農家市川

市川浩之僕の顔を知ってもらって買ってもらえるような関係がやっぱり良い。農業をする人をちゃんと知ってもらって買ってもらうような関係を作りたいと語る市川さんです。

木津川市梅谷は細かい砂地に水はけの良い、緩やかな斜面が続く、昔から大根の栽培が有名な土地です。実際に秋に訪れてみると、青々とした大根の葉が印象的で、ここが大根の一大生産地であることが解ります。他にもスイカ・じゃがいもの栽培が盛んな農業地。

この土地で大根の生産を始めてから数年。ようやく納得できる大根が提供できるようになったという市川さんです。

漫画のような大根。

収穫直後の梅谷の大根をご覧になったことがある方はご存知だと思いますが、葉のつき方といい、実に絵に描いたような大根なのです。「形も良いのですが、洗えばわかるんですけどね、びっくりするぐらい白いですよ。」とは市川さん。やはり、キメの細かい砂地に育つ大根ならではと言えるでしょう。

梅谷は緩やかな斜面のため、その斜面に沿ってまっすぐな大根を育てるのに苦労したそうです。ですが、斜面なので、水はけが良く、根っこの病気になるようなことが無いそうです。歴史的にも大根の栽培が盛んなのもうなずけます。

梅谷の大根の味は?

大根おろしには辛いので、子供には受けないことがあるのですけれども、煮炊きするとすごく甘いので、おでんなど、火を通して食べるには最適。大根自体は霜がおりる冬が一番身が締まって美味しく、葉っぱは秋の霜があたるまでが良いそうです。

「大根は、収穫後すぐは固くて締まった感じなのですが、やっぱり日をおくとやわらくなってしまうので、、」できるだけ収穫後、日をおかずに食べるのが市川さんのオススメ。

葉っぱの食べ方って?

市川さんによると、「葉っぱは浅漬けにするとか、ふりかけにする人もいます。細かく切って、炒めながらじゃこを入れて、最後に鰹節を入れるんです。これが何にでも使うことができて美味しいですよ。」とのこと。

市川さんが目指す事

市川さんは非農家の生まれ。農業の盛んな木津川市で農業を選ぶのは自然な流れだったと言います。そんな市川さんが目指すのは、農業をする人をちゃんと知ってもらって買ってもらうような関係。なので、ネットで販売するからにはちゃんと情報を出していきたいと仰ります。(我々運営側もその点、心がけていきたいと思います。)

子供に喜んでもらえる野菜を

「『うちの子が野菜嫌いやったのに、市川さんの野菜なら食べられたんです』とか言われると、農業やってて良かったと思う。」「小さい頃から新鮮で美味しい野菜を食べていると、好き嫌いもなくなっていくんですよ」

安心で美味しい市川さんの野菜は、そんな想いで育てられているのです。

 

農家市川の食材

食を育て・作る人

pagetop