山城ごはん story

京都の台所を支える食の楽園、山城。そんな山城で「食」を育てる人たちをご紹介します。

大村農園

大村農園

大村元昭より良い品質の野菜を届けようと、こだわりの水耕栽培で春菊やほうれん草を栽培している大村さん。クセのないみずみずしい春菊は、鍋でもサラダでも美味しく食べられます。

ひいおじいさんの代からこの場所で野菜を作る大村さん。新しいモノ、誰もやらないことを取り入れること、少しでも品質の良いものを作ることは代々受け継いできた理念。栽培が難しいという水耕栽培で春菊とほうれん草を作っています。大村さんのこだわりの栽培についてお伺いしました。

  ちょっとでも品質の良いものを届けたい!こだわりの水耕栽培。

水耕栽培のこだわり 

春菊の栽培を一年中やりはじめたのは日本で大村さんが最初。水耕栽培には量がと れない・袋詰めに手間がかかる・連作障害がでるなどの問題もありますが、品質の良い野菜を年中安定して作ることができます。「大きく生育した方が量も取れるのですが、あえて若いうちに収穫してきれいに揃えて出荷することで、スーパーなど売られるところでも気持ちが変わってくる。お客さんにちょっとでも良いものを良い状態で食べてもらえることになります。」と大村さんは言います。「どれだけ手をかけたかによって製品の質が変わります。どうしても手をかければかけるほど結果として表 れるので、ちょっとでもと手をかけていってしまいますね。」

恵まれた土地で作る

木津川市は、地下水が豊富で水には苦労しないことや、大阪・京都・奈良など1時間以内で行ける市場があることが他の地域にはない恵まれた部分であるといいます。「恵まれているなかでみんなと同じことをしていてはやっぱり生き残れないですよね。だからこそ特徴をだしていかないといけないと思います。」

 

大村農園の春菊の味は?

他の春菊と何が違うの?

春菊といえば、クセやえぐみが強い野菜。好き嫌いがわかれることもあります。大村さんの春菊は、水耕栽培で作られるため、クセがなくて水々しいです。収穫においても通常行われているように摘み取るのではなく、株こと収穫する株取り式なので、柔らかさもあります。春菊は、葉のギザギザが細かいほど苦みやクセが強いそうですが、大村さんの春菊はギザギザが少なく苦味のない食べやすいものになっています。

こどもや、春菊が苦手な人にも食べやすい春菊

野菜嫌いのお子さんや、春菊はクセがあるというイメージから「食べられない」と思っている方々でも「これだったら食べられる!」と感じるような食べやすい春菊になっています。春菊が嫌いな人にこそ食べてほしいです。また、「野菜の中でも春菊はまだまだマイナー。いろんな食べ方があることを知ってもらい色んな食べ方をしてもらえたら嬉しい。」と大村さんは言います。

鍋にも、サラダにも!色んな食べ方があります

春菊は鍋で食べるという方が多いが、大村さんが最も食べるというのは、春菊のサラダ。大根の細切りやレタス、水菜、カリカリに焼いたベーコンなどにもよく合うとのこと。また、ネギやニラの代わりにチヂミに入れると、子どもたちにも大人気だそうです。Facebookやtwitterにも、春菊を使ったレシピを載せているそうです。

 

大村農園の食材

食を育て・作る人

pagetop