山城ごはん story

京都の台所を支える食の楽園、山城。そんな山城で「食」を育てる人たちをご紹介します。

山城の「食」を探して

宇治、槙島のいちご園でもいちご狩りができる!

2017.01.25

イベント報告!

宇治、槙島のいちご園でもいちご狩りができる!

昨日は、山城広域振興局さんが山城地域の素晴らしいところ、観光スポット、様々な活動をされている方を「まち歩き」という形でPRするという「やましろ100ちーたび」という企画の一つ「宇治槙島のいちご園でいちご狩り」というイベントにガイドとして参加させて頂きました。

普段は京都府の地域力ビジネス課が民間との協働事業「ちーびず」の推進員として、ちーたびやワークショップ、マルシェ等の企画支援などどちらかというと裏方ですが、今回はガイド。 いつもより増して??緊張感と何よりもご参加者様の旅の安全を願うのみでした・・。

宇治市といえば

さてさて、宇治市と言えば『お茶』『寺社仏閣』。老舗のお茶屋さんが数多く、観光の地としての認識でいますが、この地において、いちごの観光農園を2015年から始められ、どでかく清潔なハウスで営業、受付には地元農家さんの新鮮野菜が売られています。

よそからこの地を選び、いちご一筋で頑張っておられるオーナーの若林さん。 この日は40名の受け入れだったのでこの時間は貸し切りで、40人分のおなかと心を満たす分の量を確保され、大変だったと思います。

ご参加者の「もうおなか一杯!!!」ていう言葉を何度も聞かれ、ほっとされたと思います^^。生きている生産物を取り扱う難しさ、でもあえてこのお仕事を選ばれた。 京都府南部でいうと、精華町がいちごの生産で有名です。昨日からは新たに「宇治でもいちご」。今後はもしかすると「いちごと言えば宇治」^^。微力ですが応援して行きたいです。

いちご狩りのあとは

キャプションです。

いちご狩りの後は、城陽市の老舗和菓子店「松屋」さんのオーナー自ら宇治にお越しになり、いちごを使った桜餅手作り体験をして下さいました。 いちごもさることながら、桜餅の美味しかった事!!!あっさりあんこといちごが上品な味わいでした。

試食の時には高級抹茶を立てながら。なんと碾茶を石臼でひける体験までして頂き、いちご、和菓子、お抹茶にふれる濃密な時間を過ごさせて頂きました。 子供だけでなく楽しく、初めての体験が多く、昨日は宇治の新しい魅力を知れたイベントになり、刺激を戴けた一日でした。

関連農家

杉田農園杉田農園

関連食材

青ねぎ青ねぎ

最新の記事

カテゴリー

pagetop